メニュー

サインイン ヘルプ メルマガ ルート検索(Anywhere2Anywhere)
【取扱料金¥0!】ラスベガス 海外格安航空券(飛行機チケット)・ラスベガス 海外航空券+ホテルの検索・予約ならSurprice!【サプライス】

ラスベガス行き格安航空券 [東京発]

6ヶ月間の最安値
往復 航空券のみ/1名様分 39,800 円~

ラスベガス行き海外格安航空券(飛行機チケット)の最安値をご案内!ご希望の出発日がない場合は、下の検索窓から検索してみてください。Surprice!(サプライス)では、ラスベガス行きチケットを取扱料金無料で豊富にご用意いたします!

ラスベガス行き海外格安航空券(飛行機チケット)の最安値をご案内!ご希望の出発日がない場合は、下の検索窓から検索してみてください。Surprice!(サプライス)では、ラスベガス行きチケットを取扱料金無料で豊富にご用意いたします!

2017年 8

95,500 円~

9

39,800 円~ 最安

10

39,800 円~ 最安

11

39,800 円~ 最安

12

39,800 円~ 最安

2018年 1

49,000 円~

2

49,000 円~

1.出発日の日付を選択してください

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

2.現地出発日の日付を選択してください

2.人数を選択して検索してください

 
ラスベガス(アメリカ)の旅をどこよりも安く | 海外格安航空券・飛行機チケット・旅行・ホテルの予約ならSurprice!(サプライス)
ラスベガス基本情報
サプライズプライス 
ラスベガスのアクティビティ 
ラスベガスアクティビティ

ラスベガスの人気アクティビティ
格安ラスベガス旅行で感動の体験、最高の思い出を

無料ショーやアトラクション、カジノはもちろん、豪華バッフェや多彩なスイーツ、巨大ショッピングモールにアウトレットなどが目白押しで、グルメ&ショッピングも超充実。郊外にはグランド・キャニオン、セドナといった大自然の魅力も。ラスベガスで都会も自然もとことん満喫しよう!

バフェ

Food
バフェ

「バフェ」=ビュッフェ。 食べ放題・バイキングのこと。ベガスと言えばバフェといっても過言でない程食べ放題のお店が充実しているラスベガス。食事の前に料金を払い、席を確保したら、後はセルフサービスで思いっきり食事を楽しもう。もちろんおかわりは自由。

シルク・ドゥ・ソレイユ「O」(オー)

Entertainment
シルク・ドゥ・ソレイユ「O」(オー)

華やかな水中&水上パフォーマンス。タイトルはフランス語の「水」に由来する。自由自在に水深が変化する巨大プールを舞台としたアクロバティックショー。繰り広げられる人間離れしたパフォーマンスに、思わず引き込まれてしまう。ほかのショーと比べてもダントツの人気を誇るというのも納得。

©Cirque du Soleil, O
グランドキャニオン

Tourist spot
グランドキャニオン

コロラド川が500~600万年かけて大地を削り、創り上げた世界遺産の大渓谷。まさに大自然の生み出した芸術品。ラスベガスから車で5時間、飛行機を利用すれば1時間で行ける。ラスベガスにより近くて人気なのがレッドロックキャニオン。西約24キロの距離にあり、岩山と砂漠の景観が見事な景勝地。高さ910メートルの断層崖が形成されている。

©KO
フリーモントストリート・エクスペリエンス

Tourist spot
フリーモントストリート・エクスペリエンス

カジノが軒を連ねるダウンタウンのフリーモント・ストリート。長さ450mにおよぶアーケードに1250万個ものLEDライトが組み込まれ、音楽と光に合わせて次々と映像が映し出される、最新技術を駆使した「ビバ・ビジョン」ライトショーは、ド派手で圧巻!

アンテロープキャニオン

Tourist spot
アンテロープキャニオン

岩の割れ目に出来た不思議な回廊のような渓谷アンテロープキャニオン。大きな岩の隙間に鉄砲水が流れ込む事で、水の中のような幻想的な形に削られて作らた。天井から差し込む光の加減によって七色に変わる他に類を見ない神秘的な造形で数々の写真家をとりこにする魅力的なスポット。普通のカメラでもプロ並みの美しい写真をとることが出来る。

カジノ

Entertainment
カジノ

ラスベガスといえばやはりカジノ!ラスベガスではホテルのほとんどにカジノが併設されている。それに伴って24時間営業のレストランなどもほぼ全てのホテルに存在し、「眠らない街」と呼ばれている。わずか1セントから手軽に遊べるスロットからゴージャスにドレスアップして決めたい本格テーブルゲームまで。一攫千金を夢見て貴方の運勢もかけてみませんか?

ラスベガスのホテル 

ラスベガス 人気のホテル
格安ラスベガス旅行で感動の体験、最高の思い出を

すべての娯楽が凝縮されているラスベガスのテーマホテルは、ユニークな仕掛け満載!そんなラスベガスを代表するコストパフォーマンスの高いホテルをピックアップ!

ベラッジオ

Bellagio
ベラッジオ

Hotel Grade:

北イタリアコモ湖畔のリゾート地がテーマのラスベガスを代表する老舗豪華ホテル。ホテル正面に広がる湖で行われる噴水ショー(無料)は必見のラスベガス名物!フロントデスク隣には自然の光を取り入れた室内庭園があり、季節毎に本物の植物観賞が楽しめる。シルク・ドゥ・ソレイユのショー「オー」は、ベラッジオホテルの看板エンターテイメント。

ホテルの詳細を見る
モンテカルロ

Monte Carlo
モンテカルロ

Hotel Grade:

フランスの高級リゾート地、モナコをテーマにしたホテル。ストリップ通り中心にあり、観光やショッピング、ナイトライフを楽しむのにも最適!アリアホテルともつながっており、シティセンターへのアクセスも便利。モンテカルロではフロントデスクをカジノから切り離し、チェックイン後は広いカジノフロアを通らずに客室に向かうことが出来ます。

ホテルの詳細を見る
バリーズ ラスベガス

Bally'S Las Vegas
バリーズ ラスベガス

Hotel Grade:

ラスベガス大通りの中心地に位置し、様々なスポットへのアクセスが大変便利!ショッピング街とつながっているので、買い物やお食事も楽しむこともできます。ホテル内には、日本食レストラン「ICHIBAN」があり、朝食から夕食まで日本の料理を楽しむことができると評判。

ホテルの詳細を見る
パリス ラスベガス カジノ リゾート

Paris-Las Vegas Casino Resort
パリス ラスベガス

Hotel Grade:

実物の半分の大きさに縮めつつも忠実に再現されたエッフェル塔や凱旋門が目立つパリスホテル。館内も石畳や街灯など、パリの町並みをイメージ。ベーカリーやクレープショップ、オープンカフェをイメージしたビュッフェなど、ラスベガスにいながらパリ気分に浸れる。エッフェル塔の展望台はストリップ通りを見下ろす事ができ、特に幻想的な景色の夕暮れ時は必見!

ホテルの詳細を見る
ストラトスフィア タワー&ホテル

Stratosphere Tower & Hotel
ストラトスフィア タワー&ホテル

Hotel Grade:

ラスベガスでも一際目立つタワーが目印。高層タワーからの夜景やディナーがロマンチックなホテル。「トップオブザワールド」レストランは80分かけて360度回転するので、お食事とともにラスベガスの景色を堪能できます。地上270mのタワーには世界一高い所にあるアトラクション施設があります。

ホテルの詳細を見る
ザ フラミンゴ ラスベガス

The Flamingo Las Vegas
ザ フラミンゴ ラスベガス

Hotel Grade:

1946年に創業開始されたこのホテルは、伝説のマフィア、バグジーがラスベガス大通りの最初のホテルとして設立したことで有名な老舗ホテル。ストリップの中心に位置した便利なロケーション。また、モノレールの駅がホテル裏口に併設されているので、ホテルからコンベンションセンターまでの移動も大変便利。ホテル中央には6万㎡を誇る中庭もある。

ホテルの詳細を見る
ラスベガスの基本情報
ラスベガス情報

ラスベガスの旅の知識
ラスベガスの基本情報

世界一のカジノの街ラスベガスは、エンターテイメントの宝庫としても超有名。初めての人もリピーターも、ラスベガスに出かける前にラスベガスの基本的な情報を確認しておきましょう! また知っておくと役に立つ情報も!事前にラスベガスをよく知ることで、旅がますます安心で楽しくなるはずです!

  • ラスベガスの基礎知識
  • 基本データ
  • お役立ち情報
ラスベガスについて
About LASVEGAS
©ラスベガス観光局

世界屈指のエンターテイメントシティ ラスベガス

24時間眠らないラスベガスは街全体がテーマパーク。ライトアップされた夜景はまさに豪華絢爛。ホテルごとに無料ショーが開催されており、「ベラッジオ」噴水ショー・「ミラージュ」火山噴火など迫力満点!ひときわ賑やかなショーが楽しめる。「ニューヨーク・ニューヨーク」のローラーコースターはビルの合間を通りスリル満点!他のホテルにも様々なアトラクションがあり訪れる人々を飽きさせない。また「ラスベガス プレミアム アウトレット ノース」をはじめ巨大ショッピングモールが目白押しでグルメも買い物も充実。さらに足を伸ばせば、世界遺産「グランドキャニオン国立公園」や「モニュメントバレー」の大自然が造り出した絶景を堪能できる。ラスベガスは大都会と大自然の両方を味わうことができる魅力いっぱいの都市である。

アメリカ

ラスベガスへは多くの乗継便が就航

アメリカ ネバダ州にあるアミューズメント都市ラスベガスへは成田・羽田空港から乗継便を利用し多くのフライトが就航しており、時間帯・サービスなどで好みのフライトを選択可能。 成田からはデルタ航空・ユナイテッド航空・日本航空・全日空・シンガポ-ル航空・アメリカン航空が、羽田からはデルタ航空・ユナイテッド航空・全日空・日本航空がロサンゼルス他の乗継で毎日就航。 特に羽田は深夜発で仕事帰りでも利用できるので人気が高い。

魅力あふれるラスベガスでのホテルステイ

ショービジネスの街ラスベガスの中心ストリップ通りでもっとも有名なのは「ベラッジオ」。ホテル正面に広がる湖で行われる噴水ショーはラスベガス名物!ファウンテンビュールームに宿泊すれば絶景が心ゆくまで楽しめる。その他にもビラミッドを模した「ルクソール」、ミニエッフェル塔がそびえる「パリス」、ホテル敷地内で本物のサーカスが無料で行われている「サーカス サーカス」などテーマ性を持ったホテルは大人だけでなくお子様も愉しめる。

ラスベガス基本情報
About LASVEGAS
国・州

アメリカ国旗アメリカ合衆国 ネバダ州
United States of America State of Nevada

人口・面積

人口:約60.35万人 (2013年時点)
約352km2

民族・宗教

キリスト教53%、モルモン教11%、イスラム教2%、ユダヤ教1%、その他3%、無宗教20%

公用語

英語

時 差

日本とラスベガスとの時差は、-17時間。日本の方が、17時間進んでいる。3月第2日曜から11月第1日曜のサマータイムには、16時間に変わる。

地 理

ネバダ州最大の都市であるラスベガス。ラスベガスはアメリカ合衆国ネバダ州の最南端に位置し、山に囲まれたネバダ砂漠の中の盆地に市街地が広がっている。緯度では東京とほぼ同じ位置にあたる。観光の中心はストリップ。南北に長いこの繁華街を見て回るには北部、中心部、南部に分けるとプランが立てやすい。

歴 史

ラスベガスは1820年代後半、ソルトレイクシティからカリフォルニアを目指すモルモン教徒によって発見された。 1840年代末に現在のカリフォルニア州で金が発見され、ゴールドラッシュが起こると、カリフォルニアに向かう砂漠の中の貴重な中継地点として定住する者が現れ始める。1905年、ユニオン・パシフィック鉄道の開通に伴って、水の便の良いラスベガスは蒸気機関車の給水地となり、現在のダウンタウンに駅が造られた。1929年に大恐慌が起り、ネバダ州では、税収確保のため1931年に賭博を合法化。またニューディール政策として近郊にフーバーダムを建設し、1936年に完成。1940年代に入るとダムから得られる豊富な電力を利用して、第二次世界大戦中にはネバダ砂漠に軍事基地や核実験場が続々と建設され、その関係者が定住するようになり、ラスベガスの街も次第に賑わう様になってきた。第二次世界大戦終結後の1946年に、ニューヨークマフィアであったベンジャミン・シーゲル(バグジーと呼ばれる)がダウンタウンから約10km離れた場所に一大リゾートホテル「フラミンゴ」を建設。カジノが収益を上げることが判ると、マフィアが続いてホテルを次々と建設するようになり、集客のためにフランク・シナトラやリベラーチェなどのショーを定期的に行うようになった。街の建設資金は大半をモルモン教徒が融資した。しかし1960年代後半頃から当局の取締りが厳しくなるにつれ、マフィアは次々とホテルの経営権を手放すようになり、合法的な不動産会社やホテルチェーン、ハワード・ヒューズのような大富豪などがこれらのホテルやカジノの経営権を引き継いだ。そして、1980年代の末頃からエンターテイメント性を持たせたホテルが次々と造られ、現在も発展を続けている。 また、この頃より各ホテルの広大な敷地を使ってのコンベンションなどが多数開かれるようになった。なお、客室数ベースで世界の12大ホテルのうち11軒がラスベガス地区に存在する。大型ホテルが多い理由の一つとして、一定規模以上のカジノの建設は、客室数200室以上のホテルの付帯施設としてしか認可されないことが挙げられる。

通 貨

通貨はドル。「$」、「USD」と表示される。1ドルより小さい単位はセント。1ドル=100セント。アメリカで一般に流通している紙幣は、$1、$5、$10、$20、$50、$100の6種類。 硬貨は1¢、5¢、10¢、25¢の4種類。硬貨には数字の記載がないので、どれがいくらなのか覚えて使うしかない。 1¢は通称ペニーと呼ばれ、銅製の茶色。茶色はペニーのみなので覚えやすい。まぎらわしいのが5¢と10¢。5¢はニッケル、10¢はダイムと呼ばれるが、両方とも銀色で5¢の方が10¢よりも大きい。クオーターと呼ばれる25¢は一番大きな銀色なのでわかりやすい。

水質は飲料用検査をパスしているので問題なく飲む事ができるものの、硬質水のため味は悪い。飲料用にはミネラルウォーターやドリンキングウォーターを購入するか、浄水器を使うのが一般的。

ラスベガスの一年間の気温

※ラスベガスの一年間の気温   ● 最低気温  ● 最高気温

気 候
ベストシーズン

乾燥した気候のラスベガス

真夏の日中は酷暑となり、40℃を超えることも。夜は気温は下がるものの、コンクリートによる放射熱のため、1日中体感温度はあまり変わらない。ただし、屋外は高温でも、ホテル内の冷房はとても強いので、薄手の上着があるとよい。特にカジノフロアーやショー会場での冷房の効き方は半端ではないので、冷え性の方は注意が必要。
冬(11月下旬~2月)はコートが必要な寒さとなる。特に、12、1月は、氷点下になる事もあるのでしっかり防寒を。
2~3月は雨季にあたり、一年の中で雨が降る事が比較的多い時期。雨季と言っても、日本の梅雨のように毎日降ることは稀で、朝から晩まで1日中降り続ける、という事もそれほどない。また、乾燥しているので、雨が降っても湿度を感じる事は殆どなく、多少濡れてもすぐ乾くのはこの街の利点の一つかもしれない。

ベストシーズンは春と秋

春(3~4月上旬)と秋(10~11月上旬)が一年で最も過ごしやすい季節。春は、梅の花があちこちに咲き、秋は一部街路樹が紅葉する。

時差と
フライト時間

時差について

日本とラスベガスとの時差は、-17時間。日本の方が、17時間進んでいる。3月第2日曜から11月第1日曜のサマータイムには、16時間に変わる。

フライト時間について

成田・羽田から約11~12時間(乗り継ぎ時間を除く)。

空港からの
交通手段

マッカラン国際空港

交通手段 料金・時間 詳細
Shuttle
シャトル
ストリップまで$7
約10分
空港とホテルを送迎する乗り合いの定員10名ほどのバン。料金は各会社によって異なる。カウンターでチケットを購入し、シャトルに乗る際に宿泊ホテルを伝えれば、ホテル入口まで連れて行ってくれる。
Taxi
タクシー
ストリップまで約$20~25
約10分
2ドルの空港使用料が加算される。チップは料金の約20%。また、メーターの料金に3%の税金がかかる。
チップ

チップの習慣

アメリカでは半ば強制の習慣に近いほど、チップは払うのが当たり前となっています。

場所 シチュエーション チップ目安
レストラン 税金(TAX)が含まれる前の総額に、朝食、ランチなら15%程度、ディナーなら20%程度を置いておくのが目安。ファストフード店はチップは必要ない。 バフェでは、お皿を下げたり飲み物を持ってくるサーバーがいるので、一人$1~3を目安にチップを置くのが一般的。 15~20%
タクシー たとえばメーター料金が$20だったら、$23程支払うのが目安。$1札の持ち合わせがない場合は、$25渡して、「Give me 2 dollars back, please」と言って2ドルお釣りを貰う、という手もあります。メーター料金が$17なら$20渡して「Keep the change」と言い、お釣りを取らないのもスマートな渡し方。 とくに大きな荷物を持っていたり、荷物が多い場合は多めに渡す事で、気持ちを伝えましょう。 15%
サロン、エステ 会計時にチップを渡しましょう。高級エステになればなるほど、サービスも高級化するため、チップも20%以上払うケースも出てきます。 15~20%
ホテル ルームサービス:伝票に既にサービス料(TIP又はGRATUITYと表記)が含まれている場合は必要ないので、よく伝票を確認しましょう。 15%
ベルボーイ:荷物を持ってきてもらったら、荷物ひとつにつき$1を渡すのが目安です。 普通のスーツケース程度なら$1ですが、特に重たかったり大きな荷物がある場合はいくらか多めに。 荷物一個につき
$1~2
ハウスキーピング:毎日掃除してもらわない場合は、チェックアウトする最終日にまとめて置く方法でもOK。 一晩につき
$1~2
マナー

飲酒について

ネバダ州の飲酒年齢は21歳から。バーで飲む時や酒屋で購入する際にIDの提示を求められる事があるので、必ず年齢を証明できるIDを持っていこう。

喫煙について

公共の場は原則として全面禁煙。カジノ内と、食事を出さない酒場(バーなど)は例外的に喫煙が認められている。

治 安

人ごみではスリにご注意を!

ラスベガスはギャンブルの街=治安が悪い、というイメージが強いが、実際は観光客だらけで安全。24時間365日大金が行き来する街のため、セキュリティもしっかりしている。しかし、油断は禁物。夜間での単独行動は避けよう。また、ショーに見とれてバッグから財布やパスポートなどの貴重品を盗まれるケースも多いので、細心の注意を。

入国ビザ

90日以内の観光、商用が目的ならば基本的にビザは不要。ただし、頻繁にアメリカ入出国を繰り返していたり、アメリカでの滞在が長い人は入国を拒否されることもある。なお、ビザ免除者はESTA(90日以内でアメリカに旅行する人に義務づけられた電子渡航認証システム)が渡航の際必要。ESTAは専用のウェブサイトから$14で申請できる。

近隣国の格安航空券 (東京発)